【名東区】足心整体で肩こり解消 | 足心道治療院 環の肩凝り·めまいと「あご」の意外な関係


  • mixiチェック

肩凝り·めまいと「あご」の意外な関係

■2017/08/03 肩凝り·めまいと「あご」の意外な関係
お客様は足もみをしながら、色々な所の不調と足もみに現れる反応が合致していることに驚かれることが多々あります。

今日は「あご」に関する事柄です。

反射区「あご」に有痛反応や固さ·しこりを感じることは多いです。

「あご」と言っても、顎関節や口腔などの血流が悪いよーという反応です。

例えば、顎関節症、歯ぎしり、食い縛り、虫歯、知覚過敏、歯槽膿漏、口内炎、唾液の減少など、、。

それと、首から耳や頭の間に「あご」があります。ですから、頭の方に血流が行くためには、「あご」も滞っていてはダメな所なのです。

ですから、首凝りや肩凝り、頭痛、耳鳴り、めまい、難聴などがあると、「あご」の反射区も弛めなくてはなりません。

施術していて思うことは、万年肩凝りで来られる方は、「あご」も凝っていることが多いですね。本人の自覚有る無しにかかわりなく。

あるお客様の話。その方も「あご」の反射区はカチカチでした。食い縛ったりしてないですか?と尋ねたところ、

「歯の噛み合わせが悪いから、歯科で削って調整してもらっても、なかなかしっくりいかないので、別の歯科に行ったところ、「これは、あごが凝っているだけだから、うちでは何も出来ませんよ、食い縛りを治さなきゃ」ということでした。
足もみであごの凝りも何とかなりますか?」

と言われました。

何とかなると思います。

以前に来られたお客様で、ひどい顎関節症だと言わずに施術した方が、2回目の施術の日、こんなことを言ってくれたのです。

「実は、足もみをしてもらった時は、顎関節症で指一本しか入らない状態だったんです。それが、足もみをして家に帰ったら、指二本入るくらいに口が開けられて、お寿司を久しぶりに食べられたんです~!嬉しかったです。」

と言われたことがありましたから、少しずつでも何とかなっていくと思います。
その方の「あご」の反射区も固くてかなりの有痛反応をしていたので、ちょっと頑張って弛めた方でした。

そんなこんなで「あご」の話でした。
「あご」凝っている方は、頑張りやさんが多いです。

あなたはどうですか?凝っていませんか?

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
足心道治療院環
http://ashimomi.biz/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:愛知県名古屋市名東区藤見が丘30藤見が丘ASビル3E
TEL:052-726-9966
----------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/zyXiKM
アメブロ:http://goo.gl/l9vav4
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
#あご#顎関節症#噛み合わせ#肩凝り#足もみ#頭痛
PAGE TOP